乾燥肌は、皮脂の分泌容積が下がるため角質層の脂質が収まり、元来肌が持つ保湿種が鎮まるため角質の水分容積が少なくなっている状態です。乾燥肌と呼ばれることもあります。肌が持つ水分は、軽装何もしていない状態でも自然と蒸発して失われていく他、汗としても流れ出ていきます。そして、失われた分は全身から補給されたり、大気まん中の水分から自然に補給されていきます。ところが、加齢による肌の水分容積の落ち込みや日課の壊れ、因習や天候、その他の様々な考えで乾燥肌になってしまうと、肌からモイスチャーが失われ、もろい状況となります。そうなってしまうと、本来であれば防げるはずのホコリやクズ、ダニや黴菌などを防げなくなり、肌がダメージを受けてしまう。それによって見つかる病状は様々で、肌の癒後にひきつるような思いを持ったり、ぴりぴりとした痛苦を伴ったり、白くかさついて粉をふいたりといった病状が挙げられます。このままの状況を放置しておくと他の肌荒れの原因にもなり、小じわができたり、毛孔が広がってしまうこともあります。また、乾燥肌は肌の年齢をあおる理由ともなるため、エイジングケアの観点からも対処が必要となります。ちなみに、肌にはドライしやすい周辺があります。目のあたりや口元などの皮脂線が少ない周辺や、膝や肘などのスキンが薄くなっている関節割り当てです。これらの周辺は他の肌よりもドライしやすい結果、再び丁寧なスキンケアを行う必要があります。参考サイト